読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるトピックス

個人的に気になった話題を取り上げていきます。ジャンルはなんでも、とにかく私が個人的に気になっていること

イギリスのEU離脱から始まる地獄を予想してみた

f:id:Daniel016:20160625012942p:plain

イギリスでのEU離脱是非を問う国民投票の結果、離脱派が過半数を取り、イギリスがEU離脱に向けて手続きを取ることが確実となりました。

この結果、私たちの生活にはどういう影響が起こるのか?ざっくり想像してみました。

なお本記事は一介のサラリーマンである私の予想によるものなので、確実性は保証いたしません。

イギリスのEU離脱による私たちへの影響

日本で生活をしている私たち一般階級の方がイギリスのEU離脱によってどのような影響を受けるのか予想してみました。日本への影響度が高いものを書いていきます。

風が吹けば桶屋が儲かる的な感じで見てもらえればと思います。

1.企業の倒産相次ぐ

既に動きがありますが、為替相場が円高へと動きます。

すると自動車産業の輸出による売上が減り、不振に陥ります。

下請け企業も不振に陥り、倒産する企業が出てきます。

失業者が増加します。給料がもらえないので、消費を控えます。

日本国内でもモノが売れなくなります。

売上が落ちた製造業が倒産します。

以下悪循環。

2.社会保障制度が破綻

年金を含めた社会保障が破綻する可能性があります。

年金にしても、健康保険にしても、財源を投資運用しています。

日本企業の株を買ったり、外国通貨を買ったり、国債を買ったりと。

株にしても、外国通貨にしても、国債にしても、今回のポンド安を受けて全て値下がりします。

ロンガー(買い手)だった日本は大きな損失を蒙ります。

社会保障の財源が消えてしまうのです。

3.中国の日本侵略が始まる

EU離脱を図る加盟国が他にも出てくると予想されています。EU離脱国が増えればEUの国力というか影響力は下がります。

変わって台頭してくるのはロシアです。

ウクライナ情勢においてロシアの最大の抑止力だったEUの力が落ちればロシアのやりたい放題。

するとロシアの後ろ盾を持つ中国は尖閣、沖縄への圧力を強められます。

 

希望もある

f:id:Daniel016:20160625023839p:plain

イギリスEU離脱を問う国民投票離脱派が勝利しても即座にEUを離脱する訳ではないのです。

イギリスがEUを離脱するのに2年の猶予期間があります。それまでにイギリスとEUとの整備はリスクが少ない形に進められると思います。

 

またそもそもの話、今回の国民投票の結果は法的には効力はないようです。

国民投票の結果ああだったけど、よくよく考えたらEU離脱はデメリットしかないので残留することにします」とすることもできるのです。キャメロン首相の言動を見る限り、このシナリオはなさそうですが・・・

私たち日本人にできるのは参議院選挙の投票

最悪のシナリオはいずれもあり得る話です。とは言えイギリス国民の選択なので、日本人である私たちはイギリス、EUに関してはこの先どうなるかを心配することしかできません。

私たちにできるのは参院選の投票をしっかり行うということです。

上に書いたイギリスのEU離脱による3つの影響はいずれも起こりうる事だと、私は考えています。つまり、日本は経済、社会保障、国防の観点で大きな岐路に立っているという事。

7月10日に行われる参院選はこれらが争点になっています。

日本が今抱えている問題に対処できる、イギリスのEU離脱に伴うリスクに対処できる政党はどこなのか、しっかりと考えて投票に行きましょう。